Madea-K Dev

プログラムのメモや日々思ったことなど

< 35歳迄に起業し1000万円以上稼ぐ >

型チェック

Number(num)

Int
– 整数
Double
– IEEE 754規格で規定されている64ビット(倍精度)浮動小数点数。

String

複数行の文字列を作成するもう1つの方法は、一重引用符または二重引用符のいずれかで三重引用符を使用することです。

rを前に付けると、「生の」文字列を作成できます。
var s = r’In a raw string, not even \n gets special treatment.’;

List (配列)

注:Dartは、listの型はList であると推測します。このリストに整数以外のオブジェクトを追加しようとすると、アナライザまたはランタイムはエラーを発生させます。

配列と配列を組み合わせる

拡散演算子の右側の式がNULLになる可能性がある場合は、NULL対応の拡散演算子(…?)を使用して例外を回避できます。

Dart 2.3ではcollection ifとcollection forも導入されました。これを使用して、条件付き(if)と繰り返し(for)を使用してコレクションを構築できます。
これは、3つまたは4つの項目を含むリストを作成する場合にcollection ifを使用する例です。

collection forの使用例は下記です。

Set (Keyが無いプロパティ)

Set型は常にDartの中核部分ですが、setリテラルはDart 2.2で導入されました。

コンパイル時定数である集合を作成するには、集合リテラルの前にconstを追加します。

Map (Keyがあるプロパティ)

一般に、マップはキーと値を関連付けるオブジェクトです。キーと値はどちらも任意の種類のオブジェクトにすることができます。
各キーは1回しか発生しませんが、同じ値を複数回使用できます。
マップのDartサポートは、マップリテラルとMapタイプによって提供されます。
これは、マップリテラルを使用して作成された、いくつかの単純なDartマップです。

Mapコンストラクタを使用して同じオブジェクトを作成できます。

コンパイル時定数のマップを作成するには、マップリテラルの前にconstを追加します。

MapとSetの違い

Mapリテラルの構文は、Setリテラルの構文と似ています。
Mapリテラルが最初に来たので、{}はデフォルトでMap型になります。

{}の型注釈またはそれが割り当てられている変数を忘れた場合、DartはMap型のオブジェクトを作成します。

/ Dart-Flutter

×