Madea-K Dev

プログラムのメモや日々思ったことなど

< 35歳迄に起業し1000万円以上稼ぐ >

関数の基本

型を明示的に書く場合

型を省略して書く場合

式が1つしか含まれていない関数の場合は、簡略構文を使用できます。

bool isNoble(int atomicNumber) => _nobleGases[atomicNumber] != null;
注:矢印(=>)とセミコロン(;)の間には、ステートメントではなく式のみを表示できます。
たとえば、if文をそこに入れることはできませんが、条件式を使用することはできます。

名前付きオプションパラメータ

関数を呼び出すときは、paramName:valueを使用して名前付きパラメータを指定できます。

enableFlags(bold: true, hidden: false);

関数を定義するときは、{param1、param2、…}を使って名前付きパラメータを指定します。

// void は戻り値が無い場合に使用します。
void enableFlags({bool bold, bool hidden}) {…}

名前付きパラメータに@requiredというアノテーションを付けて、必須パラメータであることを示すことができます。

const Scrollbar({Key key, @required Widget child})

オプションの定位置パラメータ

一連の関数パラメータを[]で囲むと、それらはオプションの位置パラメータとしてマークされます。

あなたの関数は名前付きと位置パラメータの両方のためのデフォルト値を定義するために=を使うことができます。
デフォルト値はコンパイル時定数です。
デフォルト値が指定されていない場合、デフォルト値はnullです。

// 値を定義するときは {} で囲む必要がある。
void enableFlags({bool bold = false, bool hidden = false}) {…}
enableFlags(bold: true);

リストやマップをデフォルト値として渡すこともできます。
次の例では、listパラメータにデフォルトのリストを指定し
giftsパラメータにデフォルトのマップを指定する関数doStuff()を定義しています。

戻り値

すべての関数は値を返します。
戻り値が指定されていない場合、ステートメントはnullを返します。
暗黙的に関数本体に追加されます。

/ Dart-Flutter

×